Service

飛騨高山の木材

日本で最も広い市町村高山市。その大きな面積の中で山林が市域の92%あまりを占めている。

飛騨高山には広大な山林があり、その中にはヒノキや杉など住宅で使用できる木材が沢山あります。できる限り、地元飛騨高山の木材を利用することで外材(アメリカの米松など)を使用することにより、輸送過程での二酸化炭素排出量を大幅に削減することができます。

また、地元の木材を利用することで一定条件をクリアできれば補助金がもらえます。
ぎふの木で家づくり支援事業(新築タイプ)
20万円(構造材のみ)または30万円(構造材及び内装材)
※前期、後期の先着順
高山市匠の家づくり支援事業
主な構造材への市産材の使用量に応じ1立法メートルあたり20,000円。 一棟当たり約18万円(建物の大きさにより変わってきます)

当サービスを利用した施工事例

エッチアンドシーホーム H&C home Healthy and Comfortable

MENU