Service

断熱とお金

断熱性能を高めることで、年間の冷暖房費を大幅に削減できます。

断熱性能の高い家はお得。

断熱性能を上げようとすると、断熱材の材料費や大工さんの手間がかかり建築費は高くなりますが、冷暖房費が大幅に削減でき、家庭内事故などの病気のリスクも少なくなる為、医療費も節約できます。

目先の建築費の高い安いでは考えず、ローンの支払いと月々の冷暖房費で考えていくと、建築費は高いが冷暖房費が大幅に削減される断熱性能の高いの方が長い目でみるとお得です。

※左画像はYKKAP APWカタログより抜粋

少しの暖房でOK。

断熱性能の高い家は床、壁、窓の表面温度が上がる為、断熱性能の低い家に比べて、室温が同じなら、体感温度を上げることができます。
断熱性能が低い家で同じ体感温度を得ようと思うと、室温を上げないといけないので、暖房器具をよりパワフルに使い暖房費もたくさんかかってしまいます。

断熱性能の高い家は、暖房の熱が逃げにくい為、少しの暖房で長い間、快適な空間を作ることができます。
冬の寒さが厳しい高山では、暖房費が沢山かかってしまうので、暖房費を抑えるには断熱性能を高めることが大切です。

夏はエアコンいらず。

断熱性能の高い家は夏暑いんじゃないの?
という質問をよく受けます。

夏の高山の夜は比較的涼しい為、外気温より家の中の温度が高くなります。

温度の高い空気は軽いので2階の窓から抜けます。その分1階から外の涼しい空気が入ってきて、自然と家の中で風が起きます。夜中、家の中が自然の空気で冷やされるのです。
その為には、夜中に開けっ放しにできる窓を、1階と2階にできる限り離して計画することが必要です。防犯性や雨の事も考えて計画しなくてはいけません。

そして、朝、外気温が上がる前に窓を閉め切ってしまうと、夜中に冷やされた家の中の室温が保たれエアコン無しでも快適に過ごすことができます。断熱性のが高いので、真夏でも外気温が家の中に入ってこないのです。

“断熱とお金”の関連サービス

当サービスを利用した施工事例

エッチアンドシーホーム H&C home Healthy and Comfortable

MENU